自家温泉

温泉のぬくもりを施設利用者さまに…

施設の経費削減と利用者さまに寄り添った一つ上の満足を

介護事業施設運営者の方へ

自家温泉

当社の温寿は公益財団法人テクノエイド協会による福祉用具情報システムに登録されておりTAISコード取得済み福祉用具として安心にご利用いただけます。

施設ご利用者様にワンランク上の贅沢を味わってもらいながら、おんせんの効果により介護予防にお役立ち頂きいただける製品となっております。

同時に施設の水道光熱費の節約、従業員皆様の負担削減を実現できます。

TAISコード

温泉質のお湯は、「温泉浴」ができることを実現して、中高年の健康維持や促進に、とてもお役に立ちます。

入浴で体温を上げると、自己治癒力や免疫力が高まることは周知の事実で、みなさんもご存知のことと思います。

温寿は、素晴らしい健康促進機器です。

介護施設に設置することによる節約イメージ

個浴が設置されている施設でしたらどんな施設でもご対応することが可能です。施設における温寿コスト削減シュミレーションをご紹介します。

イメージシュミレーションは1浴槽250リットル、2か月に1度浴湯交換、水道代下水代1L0.3円(東京都の31~50㎥時の単価は上水202円+下水170円/㎥)、ガス代70円(ガスのエネルギーの90%が温度上昇に使い、ガス料金単価を171円とします。)で計算しています。

【個浴設置数2、お湯を出しっ放し、1浴槽一日3名が入浴のグループホーム】
グループホーム

シュミレーション 年間節水量270,000ℓ 年間節約量154,500円

【個浴設置数5、足し湯にて温度調整、1浴槽一日5名が入浴の有料老人ホーム】
有料老人ホーム

シュミレーション 年間節水量450,000ℓ 年間節約量208,500円

【個浴設置数3、1人1人浴湯交換、1浴槽一日5名が入浴のデイサービス】
デイサービス

シュミレーション 年間節水量1,350,000ℓ 年間節約量772,500円

菌の検査による特別割引

当社は温寿が作り出すお湯が菌の温床になりえないことに絶対の自信を持っています。

それでも不安に感じられる方を対象に、食環境衛生研究所によるレジオネラ属菌数のレジオネラ属菌数検査を温寿愛用者特別価格でご提供します。

食環境衛生研究所

これまでまで温寿から菌が検出された事例はございません。

事業として収益に

販売店としてご登録いただければ施設ご利用者様が温寿を気に入っていただき、ご購入したいとの希望の申し出があった場合販売店としての収益が発生します。事業の一つとして新たな収益源が見込めます。

モニター様募集中

当社では、コスト節約の事例作りにご協力いただける介護施設事業者様に限定して「温寿施設モニター」を募集しております。ご協力いただけます事業者様には温寿を特別価格にてご提供いたします。詳しくはメールかお電話にてお気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2013-2017 (株)自家おんせん